甲子園大学

大学案内

  1. ホーム
  2. 大学案内
  3. 学びの特色

学びの特色

マン ツウ マンを基本に、新時代に応える教育を提供します。

01幅広い視野を養う
総合教養科目

専門だけでなく、幅広い領域にわたる教養を身につけるのが総合教養科目。人文から社会、文化、外国語、情報など、いずれも社会で役立つ多彩な科目が設定されています。

02主体性と実践力を養成
独自のカリキュラム

基礎から系統的に学べる体制。主体性と実践力を育成するために、プレゼンテーションや調査演習など、各教員のアイデアが取り入れられたユニークな講義が行われています。

031年次からスタート
4年間ゼミナール

他大学では3年次からが多いのですが、甲子園大学では、1年次からゼミナールがスタート。早期からより専門的に学ぶことができます。

04教員との距離が近い
少人数教育

甲子園大学がもっとも重視している少人数教育。大半の授業で実施されており、教員はいつでも相談できる身近な存在です。一人ひとりの実力の向上をめざしています。

05現場から学ぶ事を重視
フィールドワーク

地域社会との交流や現場実習など、フィールドワークを重視。生きた学問を実践することで人と人の関わりあいなど教室では学べない多くのことを学習します。

06即戦力のスキルを修得
資格取得

カリキュラムとともに共通教育推進センターでは、各種資格取得や語学力習得を積極的にバックアップ。実社会で役立つ実力を養成します。

07IT時代の基礎を身につける
情報リテラシー

全学生が社会で必要とされる情報知識・技術を習得することをめざしています。日常的なカリキュラムはもちろん、情報処理センターが強力にバックアップします。

大学案内