甲子園大学

大学案内

  1. ホーム
  2. 大学案内
  3. 理事長・学院長&学長メッセージ

理事長・学院長&学長メッセージ

甲子園学院理事長・学院長 久米 知子 「食」と「こころ」を極め、社会に活力を与える人間の育成を!

 甲子園大学は、栄養改善をはじめとする健康増進及び食の諸問題に寄与することを目的として1967(昭和42)年4月に栄養学部を開学し、管理栄養士養成課程を設けました。その後、2011(平成23)年にこころと行動を科学的に研究する心理学部を開設し、現在は2学部3学科及び大学院に2研究科を擁する大学として社会のニーズに応えています。
 本学は学校法人甲子園学院の校訓三綱領「黽勉努力」「和衷協同」「至誠一貫」を建学の精神として人間形成を行い、専門的な知識と技能を学ぶ最高学府を目指して発展してきました。現在の超高齢化社会と高度情報化社会、そして変貌の激しい社会環境の中にあって学生の皆さんの生涯の目標とその達成のためには、多くの課題を解決しなければなりませんが、本学では人間教育の原点に立ち、至誠のこころと専門的実践力を身に付け、積極的で協働志向の高い人間の育成に向け努力を傾注しています。本学から地域社会に、そして世界に向け有為な人材が数多く巣立たれることを願っています。

甲子園大学学長」 川合 眞一郎 甲子園大学は地域貢献を重視します。

 我が国の平均寿命は世界でもトップクラスにあり、物質的には豊かな社会といわれていますが、少子高齢化、低い食料自給率、生活習慣病の増加、心に病を抱える人の増加など、わたしたちの社会は多くの課題を抱えています。これらの課題の解決に食・栄養・健康を扱う栄養学部と心の問題を扱う心理学部を擁する甲子園大学が果たす役割は重要ですし、社会からの期待も大きいと思います。学生諸君が幅広い教養と専門の知識や技術を身につけ、温かい心をもって社会に貢献することを心から願っています。
 また、近年、大学における教育や研究を地域の発展や活性化に役立てることが求められています。甲子園大学も地元の宝塚市と連携しながら、地域が抱えている諸課題の解決に向けて教職員だけでなく学生も一緒になって積極的に取り組み、幼児からお年寄りまでの地域の人々が生き生きと過ごせるまちづくりに大きく貢献しようとしています。エネルギーあふれる皆さんの入学を心から歓迎いたします。

大学案内