甲子園大学

大学案内

  1. ホーム
  2. 大学案内
  3. 施設・設備
  4. 図書館
  5. 利用案内(学内用)

利用案内(学内用)

  1. 利用上の注意
  2. 利用資格
  3. 利用者カード
  4. 休館日
  5. 開館時間
  6. 館内閲覧
  7. 館外貸出
  8. 返却
  9. コンピュータによる検索(OPAC)
  10. 文献等のコピー
  11. レファレンス
  12. 他図書館との相互利用
  1. 利用上の注意
    • 館内では、静かに行動してください。
    • 図書館資料は丁寧に扱ってください。資料の紛失・汚損等に対しては、弁償していただきます。
    • 図書館資料を館外へ持ち出す場合は、必ず受付カウンターで貸出手続きを行ってください。無断で持ち出すと、出口でブザーが鳴り、持ち物を調べることになります。
    • 貴重品は、必ず身につけてください。本学図書館は、盗難等の責任は一切負いかねます。
    • 傘は、館内に持ち込まないでください。
    • 飲食や喫煙は厳禁です。
    • 携帯電話等は使用しないでください。
    • 図書館の掲示には、常に注意してください。
  2. 利用資格
    • 本学教職員
    • 本学学生
    • その他館長が特に許可した者
  3. 利用者カード
    • 学生証と併用で、在学中有効です。
    • 図書の貸し出しのとき必要ですので、必ず持参してください。
    • 教職員の利用者カードは、図書館が保管しています
  4. 休館日
    • 日曜日・祝祭日
    • 学院創立記念日( 5月 1日)
    • 年末年始
    • 学院追悼式( 3月 3日)
    • その他館長が必要と認めた日
    • ※開館カレンダーと館内掲示にてお知らせします。
  5. 開館時間

    下記の通りです。

    月曜日 ~ 金曜日 8:45 ~ 18:00
    土曜日 8:45 ~ 12:00(隔週)
    日曜日・祝祭日 閉館

    * 臨時に閉館、または開館時間を変更するときには開館カレンダーと館内掲示でお知らせします。

  6. 館内閲覧
    • 館内では、図書・雑誌等は書庫から自由に取り出して利用してください。
    • 利用後は必ず元の場所に戻してください。
      返却する場所を間違えると、次に利用する人に迷惑がかかります。
    • 地下書庫を利用するときは、受付カウンターに申し出てください。
  7. 館外貸出
    • 貸出について
    • 区  分 貸出冊数 貸出期間
      教 職 員 20冊以内 2ヶ月以内
      大学院生 10冊以内 2週間以内
      学 部 生 5冊以内 1週間以内
    • 借りたい図書と「利用者カード (学生証) 」を受付カウンターに提示して、貸出手続きをしてください。
    • 貸出手続きは、閉館10分前までに済ませるようにしてください。
    • 貸出手続きをしないまま図書を持ち出すと出口ゲートでブザーが鳴り、持ち物を調べることになりますので、注意してください。
    • 卒論・実習等で必要と認められた場合には、特別貸出として期間を延長することができます。
    • 貸出の更新を希望する場合、予約のない場合1回に限り可能です。図書を館員に提示して手続きをしてください。
    • 辞書・事典等の参考図書は貸出できませんので、館内で閲覧するか、必要部分をコピーして利用してください。
  8. 返却
    • 貸出を受けた図書は、必ず期限内に返却してください。
    • 返却が遅れた場合は、新たな貸出ができません。また、貸出を停止する場合があります。
  9. コンピュータによる検索(OPAC)
    コンピュータ検索

    検索のための専用端末を設置し、書名・著者名・キーワード等から本学所蔵の資料を学内外のパソコンから検索することができます。検索方法など、何かわからないことがあれば、お気軽に館員にお尋ねください。
    蔵書検索システム(OPAC)へ

  10. 文献等のコピー
    • 図書資料の一部をしたいときは、館内コピー機を設置しています。館内コピー機は「プリペイドカード式」となっています。カードは1枚500円で50枚コピーできます。
    • 図書資料のコピーについては、著作権法に定められた範囲内で行ってください。
    • 問題が生じた場合、本学図書館では責任を負いかねます。
    • 著作権のことで何かわからないことがあれば、お気軽に館員にお尋ねください。
    • カードの購入については館員にお尋ねください。
  11. レファレンス
    • 図書館を利用しようとする人のための直接的、積極的な援助をレファレンスサービスといいます。
    • レポート及び卒業研究等で特定の事柄を調べたい場合には、資料の探し方などを館員が紹介します。お気軽に館員にお尋ねください。
  12. 学外の図書館利用

    学習・研究、レポート・卒業論文の作成等には多くの参考資料が必要になってきます。しかし、1つの図書館ですべてを収集することが困難です。必要な資料が見つからない時はカウンターで相談してください。図書館では他の大学の図書館との間に相互に協力する体制をとっており、次のようなサービスを利用することができます。

    1. )文献複写の依頼(複写料金、郵送料を負担していただきます)
    2. )図書現物の借用(郵送料を負担していただきます)
    3. )他大学図書館の訪問
      (当館からの紹介状が必要ですので、1週間前までに申し出てください)
 

大学案内