甲子園大学

学部

  1. ホーム
  2. 学部
  3. 栄養学部
  4. フードデザイン学科
  5. 学科の特色

学科の特色

食品学・栄養学に基づいた、健康のための「食」のプロをめざします。

フードデザイン学科では、新時代の食を豊かにするプロフェッショナルを養成します。
「食」をデザインするために必要な食品開発関連科目や食品マーケット・経営に関する科目を学びます。さらに「栄養士」や「栄養教諭」の資格取得に必要な科目を学びます。
知識・経験・科学に基づく「食」のプロとなるために、「食品マーケット論」や「食品開発論」、「経営管理論」など、実践的な力を養う科目も学べます。
4年生大学の栄養士養成施設であるという特徴を活かし、多彩で充実したカリキュラムを組んでいます。

社会で実践的な力を発揮する人材を養成します。

講義や実習は、“栄養士の資格取得”と“社会に出てすぐに役立つ”を目標に幅広く開講しています。「地産地消」や地域の食品素材を生かした商品づくり、消費者の嗜好に合わせた新しい食品の企画、食品の機能性解明、包装表示など、商品開発の流れをトータルに体験します。さらに、流通や経営などの基礎も学びます。

食品学・栄養学の基礎を学び、豊富な実験・実習による
現場体験で資格取得と実践力のある人材育成を行います。
栄養教諭としてもふさわしい人材を育成します。

STUDENT'S VOICE

安隨 洋輔さん
栄養学部フードデザイン学科3回生
兵庫県立宝塚東高校出身
安隨 洋輔さん
食品開発に携わりたい。
調理師も考えていましたが、4年間しっかり勉強しようと思ったのと、オープンキャンパスで見た実験室や、先生方が印象的だったので甲子園大学を受験しました。実験や実習の授業は、なかなか思った通りにならないところが面白いと感じています。将来は食品開発に携わりたい。甲子園大学が企業と共同開発した「ランチパック 肉じゃが風」のような仕事がしたいと思っています。
植本 穂乃花さん
栄養学部フードデザイン学科4回生
大阪府立旭高校出身
植本 穂乃花さん
食の大切さを指導できる栄養教諭をめざして。
高校時代にサッカー部のマネージャーをしている時、練習後にどのような栄養を取れば、体の回復や筋力のアップにつながるかなどに興味を持ち、栄養学部への進学を考えました。フードデザイン学科では、食品開発についてトータルに学べ、さらに栄養教諭の勉強もできます。将来は、子どもたちに食・栄養をしっかり指導できる先生になりたく、栄養士、栄養教諭免許取得をめざして頑張っています。

TEACHER'S MESSAGE

准教授 川口 真規子
食品加工学・食品官能評価論担当
准教授 川口 真規子
「おいしく、健康、安全・安心」を出発点として食を学ぶ。
少人数教育ならではの恵まれた学習環境が整っています。
フードデザイン学科は身近な“食”について学ぶ学科です。栄養士免許の取得に加え、食品の生産・加工、衛生管理から流通に至るまで、“食”に関する幅広い知識や手法を基礎から学びます。また、授業では、地元宝塚市の農業の活性化につながる加工食品の提案を行ったり、食品の開発や商品企画に役立つ嗜好調査の実習も行います。教える側からの一方通行で知識を伝達するのではなく、学生の「知りたい、学びたい」気持ちを最大限に引き出せるよう、質問しやすく、わかりやすい学習環境づくりを重視しています。

学部