甲子園大学

学部

  1. ホーム
  2. 学部
  3. 心理学部
  4. 現代応用心理学科
  5. カリキュラム

カリキュラム

データ収集、仮説、分析...。科学としても高度な方法論に習熟できる。

心理学は机上の学問ではありません。人のこころの中を理解する方法を学び、人としてどう生きるかを考え、社会や職場、家庭や地域の中で役に立てていく学問です。

人のこころを科学的に解明する方法をしっかりと身につけ、現実の生活を"心理学の目"で見えるようにします。

"こころ"は見たり触れたりすることができません。それを科学的に読み解くには一定の方法があります。
まず実験、調査、観察、面接などの方法で条件の揃った、偏りのないデータを集めます。
次にデータの見かけに囚われないよう統計的手法を用いて分析し、法則性を見出していきます。

ストループ実験

ストループ実験

異なる色で書かれた色の名前をできるだけ速く読み、その時間を正確に測定します。

調査(アンケート)のデータを分析ソフトに入力します。

調査(アンケート)のデータを分析ソフトを入力します。

実際のデータを入力しながら、注意すべき点を体験的に学びます。

こころにはいくつも "チャンネル"があります。
相手のチャンネルに合わせるため、さまざまな方法を学びます。

こころにはいくつも

カウンセリングは言葉だけで行うものではありません。相手の状態を把握するための心理テストのほか、グループワーク、箱庭療法、アニマルセラピー、音楽療法、園芸療法、描画療法、プレイセラピーなど、相手のあり方に応じていけるよう、心理療法のさまざまな技法を体験的に学びます。

調査・研究し、発表するプロセスは社会に出ても役立ちます。

調査・研究し、発表するプロセスは社会に出ても役立ちます。

データ収集から仮説、分析、考察という一連の科学的な方法論は、見かけに囚われずに物事を客観的にとらえる力として、社会に出てからも役立ちます。また、実験や調査を行う際に段取りを考えたり協力者とのやりとりを通じて養われる力、そして結果を聞き手にわかるように示すプレゼンテーションの力もまた、社会人としての力になります。

ゼミは1回生から少人数で学科の講師陣がきめ細かに対応します。

ゼミは1回生から少人数で学科の講師陣がきめ細かに対応します。

1、2回生は広い視野で、3、4回生はそれぞれのテーマに沿って専門性を深めるゼミ編成になります。ゼミでは活発な意見交換をしながらそれぞれの興味・関心について専門的な視点からとらえ直し現実の生活を見つめます。

1回生から少人数のゼミ形式の学習がスタート
初年次から、心理学の学びによるキャリア形成に向けた取り組みを始めます。

実証研究による科学的学びの重視
調査・観察・面接・実験によりデータを収集し、分析する方法を学び、エクセル、SPSS※などの集計ソフトを使いこなせるように情報処理の授業も手厚く行います。
※SPSS(IBM SPSS Statistics):IBM社の統計解析ソフト

専門インターンシップの導入
応用力を身につけるには、教室で学習していることが現実の生活の中で具体的にどのように起きているかを感じ取る能力が求められます。そのために、社会福祉施設、企業、団体、役所などでの現場実習を行います。

心理学の大学院が博士後期課程まですでに設置
本学大学院は、臨床心理士養成のための第1種指定の大学院であり、博士前期課程の臨床心理学コース修了後、実務経験なしで「臨床心理士資格試験」を受験することが可能です。また、臨床や研究をさらに深めたい人は、博士後期課程(3年間)に進学することもできます。

サブジェクトサブジェクトサブジェクト

学部