甲子園大学

学部

  1. ホーム
  2. 学部
  3. 心理学部
  4. 現代応用心理学科
  5. 学科の特色

学科の特色

人を援助する、人と渡り合う、人と協力する、そして自分を高める。人々が生きる場に心理学の視点をテーマ主体で活かす新・3領域。

「現代応用心理学科」という名称の学科は、日本で初めてです。「心理学」は人のこころの変化や様相の背後にある因果関係のメカニズムを実験・調査・観察・面接などの方法によって明らかにしようとする学問です。
「応用心理学」では、実験的・実証的心理学で得られた知見を、現実の生活におけるこころの課題解決に応用することの学びを目的にしています。
新しい「領域」制により、個々のテーマを主体とする学びをより重視しています。

心理学の基礎知識・研究方法

心理学の領域

STUDENT'S VOICE

石川 結稀さん
心理学部現代応用心理学科3回生
兵庫県立三田祥雲館高校出身
石川 結稀さん
臨床心理士をめざして。
父の影響で心理学に興味を持ちました。人が何でこんな発言するのだろう、と感じる時に、そん背景や法則を考えることで、相手を毛嫌いすることが少なくなったという経験があります。甲子園大学の心理学部は、少人数で質問しやすそうなのと、犯罪心理に興味があったので受けました。将来は大学院に行って、臨床心理士の資格を取りたいと思っていいます。
春本 高保さん
心理学部現代応用心理学科3回生
兵庫県立佐用高校出身
春本 高保さん
心理学を生かせる仕事に就きたい。
カウンセラーになりたいと思い心理学を受けました。大学ではバドミントンのサークルに入っていて、友達と毎日楽しく過ごしています。コースは社会心理で、人が集団でいると働く法則について勉強しようと思っています。将来は心理を生かせる仕事、たとえば商品の陳列や、犯罪の少ない街づくりなどの関わっていきたいと考えています。

TEACHER'S MESSAGE

准教授 金綱 知征
社会心理学コース/社会心理学担当
准教授 金綱 知征
例えば「いじめって何だろう」から解き明かしていく・・・。
生き方につながる分野です。
人間は社会的動物といわれるように、一人では生きていけません。誰かと一緒にいることで、時に励まされ、癒され、また強い力をもらうことができます。ところが「いじめ」のように、誰かと一緒にいることが最大のストレス源となることもあります。多くの人は「いじめは悪いことだ」といいます。悪いことだと分かっているのになぜ無くならないのでしょう?「いじめって何だろう」を考えることは、私たちが社会の中で他者とともにストレスなく幸せに生きる生き方を考えることにもつながります。ぜひ本学科でともに学び、生きる力、人間力を高めていきましょう。

学部