甲子園大学

学部

  1. ホーム
  2. 学部
  3. 心理学部
  4. 所属教員一覧

所属教員一覧

学部長・学科長・教授

氏名 学位 専攻分野
安村 直己 教育学修士 臨床心理士 [臨床心理学、健康心理学]

教授

氏名 学位 専攻分野
東 斉彰 文学修士 臨床心理士 [臨床心理学]
熊谷 正秀 文学修士・学術修士 [近代東アジア史、歴史教育・伝統文化教育]
酒井 律子 文学士 臨床心理士 [臨床心理学]
滝 省治 教育学修士 SMT指導士 [スポーツ心理学]
十倉 利廣 文学士 [犯罪心理学]

准教授

氏名 学位 専攻分野
青柳 寛之 修士(教育学) 臨床心理士 [臨床心理学]
金綱 知征 Ph.D.Psychology(英国) [発達社会心理学]
中井 孝 博士(工学) [情報処理工学]
比名 和子 文学修士 [英米文学]
金敷 大之 博士(文学) [社会心理学、認知心理学]

専任講師

氏名 学位 専攻分野
真﨑 由美子 修士(人間環境学) 臨床心理士 [臨床心理学]

助教

氏名 学位 専攻分野
上野 大介 博士(人間科学) [高齢者心理学、実験心理学]
小泉 誠 修士(心理学) 臨床心理士 [臨床心理学、犯罪心理学]
丹下 暖子 博士(文学) [日本文学]

教員紹介

安村 直己(やすむら なおき) 教授 教育学修士 臨床心理士
安村直己(やすむら なおき)

研究・活動

私は臨床心理士として心の問題に悩むさまざまなクライエントの方に心理療法を実践しながら、特にカウンセリングにおける「共感」の治療的意味や「自己愛」の問題について精神分析的な自己心理学の視点から研究をしています。また、子どもの治療には非常に重要な「家族」へのアプローチについても関心があり、臨床的に有効な治療法について研究しています。また、近年は臨床心理士による子育て支援が広がっています。子どもをもつご家庭への「心の健康教育」についても力を入れていきたいと思っています。

研究室

私のゼミではさまざまな「感受性トレーニング」などのワークや、カウンセリングの「ロールプレイ」などを体験してもらい、「こころの世界」の不思議やその奥深さを感じてもらうことをしています。知識を習得するだけでなく、自分の心の動きを見つめることで「気づく」ことが人間的な成長にとても大切だからです。「わくわく」や「ドキドキ」、そして最後に「しみじみ」を是非体験してほしいと思っています。カウンセリングに興味のある人はどうぞ研究室にお越しください。

東 斉彰(あずま なりあき) 教授 文学修士 臨床心理士
東 斉彰(あずま なりあき) 教授 文学修士 臨床心理士

研究・活動

長年の臨床現場での実践を元にして、臨床心理学の広範な分野(心理療法、心理アセスメント、精神病理学、臨床心理的地域援助、臨床心理の倫理)についての実践、研究を専門にしています。特に認知行動療法、および統合・折衷的心理療法の適用が専門の中心です。最近では、哲学や比較思想の観点から心理学の本質を考えることに強い関心を持っています。

研究室

広く心理学一般、発達心理学、臨床心理学の分野を、研究と実践の両面からとらえ探求していこうと思っています。狭い専門性にとらわれず、人間存在を幅広く観察し考究していくことを、真摯にかつ楽しみながら学習していけたらと思います。人間に興味を持ち、人の生活や健康、福祉に貢献していけるような人材を一人でも増やしたいと願っています。

熊谷 正秀(くまがい まさひで) 教授 文学修士 学術修士
熊谷正秀(くまがい まさひで)

研究・活動

大学院在学中に「中国の朝鮮族」に興味を持ったことをきっかけに、韓国の延世大と中国の吉林大に留学。外務省専門調査員として、在大韓民国日本国大使館政治部で主に北朝鮮に関わる調査を行ったのち、高麗大で日本外交史を担当。帰国後14年間、兵庫県の公立高校地歴科教諭を経て甲子園学院中学校高等学校で教諭・副校長となり、平成22年から現職。朝鮮半島情勢や日韓関係を追う一方、歴史教育の改善に取り組んでいます。兵庫県教育再生協議会副理事長、兵庫県教職員連盟顧問。著書『日本から観た朝鮮の歴史-日朝関係全史―』展転社。『韓国百科』(共著)大修館書店。担当科目(歴史学、朝鮮韓国語初級・中級)

研究室

入試センター長として入試企画室に常駐しています。関連書や学会〔現代韓国朝鮮学会、朝鮮史研究会、全国社会科教育学会、和文化教育研究交流協会、兵庫県教育再生協議会〕誌などがありますので、日韓関係や歴史教育、伝統教育について興味ある人は、ぜひ一度入試企画室に来て下さい。

酒井 律子(さかい りつこ) 教授 文学士 臨床心理士
酒井律子(さかい りつこ) 特任教授

研究・活動

これまで主に公立教育相談機関のカウンセラーとして勤務し,幼児から高校生までの本人および保護者へのカウンセリング,学校教職員へのコンサルテーション,教職員研修,スーパーヴィジョンなどの心理臨床実践を重ねてきました。それらの経験を学部・大学院での担当(臨床心理学・健康心理学)に活かしています。研究領域は,家族をはじめとする「子どもを取り巻く人的資源のもつ心理臨床的機能」や「女性における中年期」「学校臨床心理学」等に関心があり,取り組んでいます。

研究室

領域・テーマを最初から限定せず,日々の暮らしの中でもつ疑問や心魅かれることなど,まずは身近な素材について‘こころ’の視座から考えていきましょう。また「人の‘こころ’」と向き合うことは,「他ならぬ‘わたし’」と出会うことでもあります。ワークなどの「自分に気づく・他者に気づく・他者との関係に気づく」体験学習を通して,感受性に拓かれた人間関係力が育まれていくことも大切に考えています。一緒にやっていきましょう。

滝 省治(たき せいじ) 教授 教育学修士 SMT指導士
滝省治(たき せいじ) 

研究・活動

専門はスポーツ心理学で心身相関の研究、スポーツや運動の心身機能に及ぼす影響がテーマです。実践面ではスポーツメンタルカウンセラーとして様々なスポーツ競技を支援しています。また、大阪心理技術研究会会長として、内田クレペリン検査を利用した研究会を主宰しています。著書としては、日本体育学会監修、スポーツ科学事典などがあります。

研究室

スポーツ科学に関する講義を行う。スポーツや運動と健康に関係する多面な領域をカバーできるように、トレーニング理論、運動生理・栄養学、スポーツ心理学、スポーツ産業関係の書物を取り揃えています。将来、スポーツ関係の職業を目指す人は一度訪ねてみてください。

十倉 利廣(とくら としひろ) 教授 文学士
十倉利廣(とくら としひろ)

研究・活動

長年、矯正施設において心理アセスメントと処遇実務に従事してきた経験を活かして犯罪心理学を担当しています。この分野での心理職の業務は、従来アセスメントに偏りがちでしたが、私自身は、少年院の処遇にSST(ソーシャル・スキルズ・トレーニング)プログラムを導入したり、心理劇等の治療活動を実践したりするなど、処遇活動に多く関わっています。また、犯罪心理学が扱う領域は、逸脱行動や様々な不適応行動なども幅広く含んでいることから、子どもの逸脱行動等に悩む親の相談に対応するために、アドラー心理学をベースにしたプログラムなども作成しています。これからもアセスメントと処遇をバランスよく見据えて“犯罪心理学”にアプローチしていきたいと考えています。

研究室

犯罪心理学には、多くの人が考えている以上に多様な研究領域や学びのテーマがあります。非行・犯罪を学問的に追及したい人や、将来、非行・犯罪関連の実務現場で勤務したい人はもちろん、専門性の追求を目的としない人も、自由に自分なりの“面白み”を見つけて、研究や学びに取り組んでみてはいかがでしょうか。

青柳 寛之(あおやぎ ひろゆき) 准教授 修士(教育学) 臨床心理士
青柳寛之(あおやぎ ひろゆき) 准教授

研究・活動

心理テスト(投影法、特にロールシャッハ・テスト)、精神分析的、もしくは力動的心理療法、自然環境や風土を考慮に入れた心理臨床。

研究室 臨床心理学の、ものの見方

臨床心理学は、世の中のあらゆることに関係があるので、とにかく、それぞれの人が何かに関心を持つことが大切だと思います。なんであれ、その中に、臨床心理学的な「こころの動き」を読み取ることができるでしょう。それをじっくり暖め、研究テーマに結びつけていくことを目指します。とはいえ、あまり難しく考えず、「夏休みの自由研究」の時のような好奇心を取り戻していただくのが大切だと思います。

金綱 知征(かねつな ともゆき) 准教授 Ph.D in Psychology
金綱知征(かねつな ともゆき) 准教授

研究・活動

発達社会心理学が専門。大学・大学院をイギリスで過ごした経験から、異なる文化圏において(少なくとも表面的には)非常に似通った社会事象が見られることに興味をもち、そうした事象の異国間における類似点や相違点、背景となっているだろう社会的要因について検討してきました。特に、学校等の教育現場でみられる「いじめ行動」に代表されるような児童期・青年期における対人・集団場面での攻撃行動を中心テーマとし、その心理と行動のプロセスとメカニズムについて、質的・量的両アプローチにより検討しています。

研究室

攻撃、援助、親和行動、対人好悪感情、反社会的・非社会的行動など日常的に見聞あるいは実体験する対人関係に関する諸問題からゼミ生が個々に興味あるテーマを取り上げ、調査や実験を通して理論的かつ実証的に解明しています。人間関係に興味のある人はぜひ共に考え、議論し、思考力や多角的視点による考察力を高めつつ、自己のテーマについて探究を進めていきましょう。

中井 孝(なかい たかし) 准教授 博士(工学)
中井孝(なかい たかし)

研究・活動

コンピュータ上にある立体モデルをスライス形状のデータに置き換えて、その形状データに従って、光硬化性樹脂の薄い層に紫外線レーザを照射します。何千枚もの固化した樹脂層を積み重ねれば、手で触れる立体モデルが出来上がります。今では3Dプリンターとして有名になりましたが、もう30年以上前の光造形技術で、1984年に日経産業新聞のトップ面をかざり、NHKにも取材を受けました。大学では、主に経済・経営のことに興味を持ち、研究を行っています。著書として、『目に見える数学入門』日本評論社、『システム思考のすすめ』大学教育出版などがあります。

研究室

研究室には、秘書検定や販売士、SPI(非言語)などに関係のある書籍を集めています。大学の授業がわからなくなった、就職のことで困っている、友達に言えないような悩みを抱えているなど、なんでも結構ですから、気になることがあれば、研究室143に訪ねてください。

ホームページはこちら

比名 和子(ひな かずこ) 准教授 修士(文学)
比名和子(ひな かずこ)

研究・活動

専門は英文学で、19世紀のアメリカ作家ナサニエル・ホーソーンから出発し、最近では幅広く19世紀の英米(重点はアメリカ)の小説を研究しています。19世紀は、近代化の過程で形成された家庭における男女の固定化された役割分担から生じる矛盾が次第に表面化していく時代であり、小説に描かれた家庭や家族の問題を考察しています。また女性の抑圧された不安や願望は、しばしばゴシック的に表象されていて、ゴシック的色彩の濃い文学作品を分析、討議し、その成果を研究書として出版することを目的とした研究グループにも所属して活動しています。

研究室

大学では英語を担当しているので、研究室には様々なレベルの英語教材を揃えています。機構のステップアップ講座だけではなく、英語力アップのための個別の相談にも応じますので、困ったことがあれば、いつでも気軽に研究室を訪ねてください。また、私は大学時代読書クラブに所属して、様々な文学作品を読んで討議した経験があります。読んだ本について話し合うことは思考を深めます。自分の読書体験を語りたい人も大歓迎します。

金敷 大之(かなしき ひろゆき) 准教授 博士(文学)
金敷 大之(かなしき ひろゆき)

研究・活動

社会応用心理学コースの担当です。人が目標に向かって一連の行動を行っていくこと、いわゆる行為について興味があり、記憶・メタ認知(自己認知)といった認知論のアプローチで研究を行ってきました。最近では,その関連で、人の意志について、人の知・情・意における意の側面に切り込んでいこうと考えています。

研究室

7号館730号室です。たとえ歩みは遅くても、進んでいきましょう。

真﨑 由美子(まさき ゆみこ) 専任講師 修士(人間環境学)臨床心理士
真﨑由美子(まさき ゆみこ)

研究・活動

臨床心理学コースを担当しています。子どもから大人までの精神科での病院臨床、小中高校での学校臨床、大学での学生相談などの臨床実践を積みつつ、大学教員としての教育実践、研究活動に日々奮闘しているところです。青年期の対人場面での悩み、特に笑いの葛藤に関する研究を行っています。また最近では心理療法と生きることとの関連に関心があり、精神分析的心理療法の実践に関する研究をしています。

研究室

心理学を学ぶことは、自分自身や身近な人間関係を大切にし、見直すことにつながります。研究室では、一人ひとりが自分の関心や自由な発想を大切にし、研究テーマに取り組んでいます。失敗から多くのことを学び、互いに支え、成長しあえる研究室でありたいと願っています。興味を持った方はぜひ気軽にお越しください。

上野 大介(うえの だいすけ) 助教 博士(人間科学)
上野 大介(うえの だいすけ)

研究・活動

高齢者の記憶や情動について実験心理学的な観点から研究を行っています。具体的に現在進行中の課題は、高齢者は若年者に比べてネガティヴな内容よりポジティヴな内容に注意を向け、記憶するといったポジティヴィティ効果がなぜ起こるのかです。最近は、ポジティヴィティ効果の脳内メカニズムやポジティヴィティ効果が幸福感や意思決定など日常生活に及ぼす影響について関心があります。

研究室

情動、記憶、意思決定に関する高齢者の様々な問題について、主体的に問題提起し、実験や調査を通して、問題の答えを実証的に解明しています。ゼミでは、文献講読や卒業研究の立案と実施などの課題に対して、学生が主体的に取り組めるようサポートをしています。高齢者に興味のある人は、調べる力、考える力、問題を解決する力を一緒に培いましょう!

小泉 誠(こいずみ まこと) 助教 修士(心理学) 臨床心理士
小泉 誠(こいずみ まこと)

研究・活動

病院臨床、学校・教育臨床、児童福祉臨床と様々なフィールドで臨床心理士として実践活動を行なってきました。主な研究テーマは「心理療法におけるナラティヴ・プロセス」です。実際の心理療法の録音データをナラティヴ・アプローチから質的分析を行い、心理療法における意味生成をクライエントとセラピストの相互作用の観点から考察しています。

研究室

犯罪心理学コースに所属しています。犯罪、非行といったテーマはもちろん、被害者支援や加害者支援、トラウマといった臨床的なテーマに関しても指導します。学生の皆さんと話をする時間を大切にしたいと思っています。大学生活や就職活動など困ったことがあれば、気軽に研究室を訪ねてくださいね。

丹下 暖子(たんげ あつこ) 助教 博士(文学)
丹下 暖子(たんげ あつこ)

研究・活動

日本の古典文学の研究をしています。主な研究対象は、平安から鎌倉期の女性の日記や和歌です。特に、時代の転換期を女性たちがどのように生きたのか、また、それをどのように表現し、書き残したのかに関心があり、その文学史的意味を考えたいと思っています。

研究室

授業では、文学や日本語表現などを担当しています。日本の古い文化や文学に関心のある人は、気軽に研究室に来てください。就職活動関係の書類の添削などにも対応します。

学部